スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避暑地で演奏

ハンドベル教室に、避暑地軽井沢からの演奏依頼が来ました音符
急なことなので、メンバーの日程調整・選曲・練習等、課題はいっぱいですが、
とっても美味しい&涼しそうなお話なので、なんとか実現できるといいな~

今日、メンバーに、おおまかな内容を伝えたところ、
早速、数名からは好感触なメール
教室でもこんな依頼が受けられるようになったんだ~、と
まだ決まってもないのに、生徒さんの成長ぶりに感慨深くなったりしてます

今年の夏は、みんなで軽井沢に行こう新幹線
スポンサーサイト

YAMATO練習

今日はYAMATO関東組かねの練習でした。
前回は、指揮者が上京しての練習だったので、細部にわたり細かい指示が出され、
空気もピンと張りつめた中での練習でしたが、今日は…
やはり指揮者がいないと難しいです。
前回の練習の記憶を頼りに練習してはみたものの、
指揮者がいれば出来る表現も、前に誰もいないと、みんな自分の世界に入りがち。
指揮者の力は偉大です
次に指揮者のもとで練習出来るのは本番前日…厳しい~!

そうは言っても、練習の合間に、衣装の相談などしていると、ワクワク感が高まってきます。
あっ!ワクワクするのもいいけど、当日のマニュアル音楽ファイル( ゚3゚)ノ黒い音符のせ作ったり、会場打合せをしたり、
これからやることは山積み。
明日から少しずつ片付けて行かなければ。そしてがんばってチケットも売らなければ!!

YAMATOチケットをまだご購入でないみなさん、
お申込、お待ちしてま~す

弥勒忠史 カウンターテナー・コンサート

今日は、とっても良い気分♪
カウンターテナーの弥勒さんのコンサートを初めて聴きました
なんと言ったらいいのか…言葉では表現出来ません
今までにもカウンターテナーの歌は聴いたことはありますが、
弥勒さんの歌声は私の中ではベストです。
1曲目の「カッチーニのアヴェ・マリア」の「あ~」(最初の第一声)で聴衆の心をつかみました
素晴らしいのは歌声だけでなく、多彩なトーク
私は会場の一番後ろの席でしたが、客席との距離を全く感じさせない語り口は、とても勉強になりました。

○十年前に声楽を学んだ身としては、今日のプロはどれも懐かしい歌ばかりで、
一緒に歌い出してしまいたい衝動を必死で押さえていました。
もう一度、あの頃のように歌いたい、と久々に感じた時間でした。

会場では、CDや、先日発売されたばかりの著書「イタリア貴族養成講座」が販売されていたので、
私はその著書を買い、ご本人にサインをして頂きました。

弥勒さんのHPはこちらです
http://levanti.hp.infoseek.co.jp/

ちなみに、今日のメイン(お仕事)は、
YWCAのハンドベルの発表でした。
こちらも大成功で、リンガーの表情もとても良かったし、
一番不安だった最後の曲のラストもバッチリ決まって、グ~!
本番を無事終え、良い気分のあと、同じ会場での弥勒さんのコンサートでした

火曜日から不在だった私のワケありチャリロードバイクも、
今日無事家に戻ってきたので、気分はさらに晴れやか~ランラン

ハンドベル世界大会

今日は、ハンドベル世界大会のための初練習でした。
「初」と言っても私が「初」だっただけで、ほかのメンバーは2回目。

マスリンギングの譜読みを全曲やるはずだったのですが、
思いの外、手こずる曲があり、全部は出来ませんでした。
私って、あと何回練習に出られるんだっけ?(もしかして1回????絵文字名を入力してください
しかも一番不安な曲が残ってしまいました。
たぶん参加者の多くが、同じ曲を一番不安に思っているのではなかしら…

久々の5オク(今日は人数が揃わず、完全5オクではなかったものの)の練習で、
ミョーにテンション上がりましたニコニコはーと

今まで、楽譜は手元にあっても、1回も練習していないと、
「世界大会に行くんだ」モードになれなかったけれど、
マスリンギングとラリーの練習が実際に始まってみると、
気分が高まってきます上

どんな大会になるか、楽しみで~す♪

緊張しました

一昨日は、東京リサーチ合奏団の定期演奏会の本番でした

12:30~13:40 リハーサル
団員との合わせが終わった時に、その中の一人から
「ベルだけ聴いてみたい」と指揮者へ要望があり、
急遽、吹奏楽の音抜きで、ベルパートのみのデュエット披露となりました
今回は、たった数小節でしたが、今度はめいっぱい、SPRの音楽を堪能して欲しいです

その後、お茶の水に移動
14:30~16:30 お仕事(ベル指導)

その後、ホールへ戻る
このホール…かつしかシンフォニーヒルズ(モーツァルトホール)…がくせ者!
楽屋に行きたいのに、たどり着けない!!迷路のような複雑なつくりの建物
出演者のほとんどが、迷子になってたようでした
(ちなみに、リハでは楽屋に寄らず、ホール直行だったので迷いませんでした)

17:40~ホールで写真撮影だったのですが、
迷子になっていたお陰で、ギリギリになってしまい、
私の着替え待ちでした苦笑い
化粧もそこそこに写真に写ってしまいました

本番では、出演曲の「リンカーンシャーの花束」で入場
出番の6曲の数小節前までは椅子に着席
5曲目までは、指揮者の動きやいろんな楽器を眺めつつ楽しんでいたものの、
6曲目が始まり、出番の小節が近づくにつれ、心臓の鼓動が聞こえるかのように、
バクバクし始めました。
ベルだけの演奏では味わったことのないような、久々の緊張感
でも演奏中は、緊張しながらも団員の一員になった気分で、
とっても楽しく演奏しました。
もっと演奏していたかった~

近藤先生、団員の皆様、ありがとうございました!!

Spring Sprite 吹奏楽とジョイント

6/14(土)18:30開演 かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
東京リサーチ合奏団 定期演奏会の
「リンカーンシャーの花束」の最後の曲で、、SPRがちょこっと出演します。
「ちょこっとだけなの?」と思うかも知れませんが、
この曲には、ベルは欠かせない楽器。
作曲家が、ベル発祥の地であるイギリスの民謡を収集し、
そのメロディ・詩を基に書いたもの。
最後の曲“The Lost Lady Found”は、行方不明だったご婦人がみつかり、
最後に喜びの鐘を鳴らす、という場面でベルが登場します

演奏会の詳細はこちら http://www.doremi.or.jp/tre/

尚、当日、ロビーで珍しい和製ハンドベル=南部鉄器のハンドベルが展示され、
試奏も出来ます。
楽器の詳細は、こちら
http://www.chiikishigen.com/0306/index.html

ご招待券が欲しい方は、至急ご連絡を!

ゴスペル・コンサートに行って来ました

アメリカから来日している、その世界ではとても有名な、CeCe Winans(シーシー・ワイナンズ。ちなみに兄の名は、BeBeビービー)と
CeCeがいる教会のクワイア、The Born Again Church Choir のコンサートでした
CeCeは、グラミー賞を受賞しているほどの大物(今回、初めて知った私です)
凄い迫力でした。
マイク要らないんじゃない、ってくらいパワフルなステージ
最後は、みんな総立ちで Oh Happy Day で大盛り上がりランラン

今度は、本場、アメリカの教会で聴いてみたいな~
やはりゴスペルは教会で聴かないと!
プロフィール

はっぴぃりんぐ

Author:はっぴぃりんぐ
小田部ハンドベル教室の主宰
リンガーSpring Spriteの一員

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。